バスケをやって気づいた自分の役割の見つけ方

photo by ikaton
社会人


社会人になってガチンコで
スポーツをする機会は中々少なくなりました


高校まではサッカーをずっとやっていたので
部活やクラブチームで動いていました


大学でもたまにサークルのフットサルに参加したりしていたので
社会人になって運動する機会が減っているなあと感じていましたが
最近バスケをやる機会がありました


フルコートでの試合です
やはり久々の運動は身体の体内から汗をかいてる感覚も健康的で良いですし
何よりスポーツをすることは楽しいなと感じました


そんなバスケを久しぶりにやってみて
試合の中での自分の気持ちとか動きから役割というのが見えてきました


何かそれは運動だけではなくて普段の組織に属している中でも
言えることがあるのかなと思ったので
そのことを記事に書いていきたい思います



自分の役割を知ることがチームのためになる


そもそもバスケもスポーツでして
点が入らないと勝てない勝負ですよね


体育の授業でやったりたまに公園とかで遊んだりして
バスケもやったことはありましたが


改めて感じたことを言うと


パスが好き
シュートが下手


自分はこうだと思いました


シュートが下手というのは致命的ですけど
本当にシュートが入らないんですね笑


レイアップのシュート(ほぼリングに置いて決めるシュート)は決めることはできるのですが
遠めからのシュートは打ちたくないって思うほど入らなかったので
これは自分で下手だなと痛感しました笑


ここで思ったことは


シュートを打ち続けたら決まらない

チームが勝てない

チームからパスが回ってこなくなる

自分の役割がなくなる


というチームから「いらない存在」として
排除されるという懸念でした


点が入らないとチームが勝てないので
点を入れれないメンバーは正直邪魔ですよね


ほかに点を決める人がいたらそっちの方が欲しいのは当たり前です


そのためにその懸念がありましたが



そして、そもそもぼくは「パスが好き」でした


コート全体を見渡して
シュートを決めそうな位置にいるメンバーにボールを預ける
フリーで走り出しているメンバーにボールを繋ぐ
行き詰まった時に一旦落ち着かせるようにパスを渡す


などチームを動かしている時や
良い場所にいるメンバーにボールを繋ぐことは
とても好きだなと思いました


パスで味方を活かす

起点として組み立てる

またパスが来るだろうと信頼して一旦ボールを預けてくれる

自分の役割が水を運ぶ役割だと気づく

ぼくは点を決められないからチームに排除されると思いましたが
好きなパスを繋ぐ事によって
チームに必要な人員であると認められるようになりました


チームがより点を取れるように自分がシュートを打とうとせずに
よい流れを作ってメンバーにボールを繋ぐことでチームとして勝つために


自分がどういう人かどうやって動くべきか
自分を理解して挑めたと思っています



得意な場面を自分で作り上げる


自分の好きなこと、向いてることを知り
それに対して取り組んでいくことで
自分の役割が生まれるということがわかりました


それは

ぼくがボールを持った時に動き出してくれるメンバーがいたり
アイコンタクトを取ろうとしてくれるメンバーがいたり


つまり


その得意な部分を見せることでチームからの信頼を得られる



ということに繋がります


団体スポーツというのは
チームが勝たないといけないので
チームのメンバー間での信頼は大切になります


そして苦手なところは補うためにどう動いたらよいか


例えば

予め味方の位置を把握してボールを受けるとか
スペースを作ってレイアップのシュートに持ち込むか


なるべく自分の不得意な分野には持ち込まないように自分なりに意識して
ボールを受ける前から次の動作のイメージをして
苦手分野を避けるべく動いていました


直接的にチームにゴールという形で貢献できないにしても


パスで繋ぐ
ドリブルで運ぶ
味方に良いお膳立てをする


このように自分の役割を理解することで
チームのどの部分を自分が担えば良いか判断でき
チームの活性化にも繋がる事がわかりました


自分の役割は自分で作る

自分の得意なこと、好きなこと、やりたいことを知る

その事をとりあえずやってみる

やり続ける

チームに浸透する(チームから信頼を得る)

自分の役割として必要な人員となる

つまり

自分の役割は自分で作る

ということですね


社会でも同じことが言えます

自分のできることは何かを自分自身で理解して
そのできる事をとりあえず連続で行う事で
良い成果も得られるかもしれません


自分自身を理解して
自分で歩んでいく事で
自分の道を切り拓ける
まさに自分の役割は自分で作るという事ですね




関連記事▽

⚫︎BBQという場でも同じことが言えます「BBQでわかった役割は自分で動いて見つけるモノ

⚫︎やりたいことの種を撒いておくことが大事「1%の人になる意識をもつ

⚫︎行動が次に繋がります「これやりたいって時はすぐ動け!アイデアをすぐ形に変えちゃえ