BBQでわかった役割は自分で動いて見つけるモノ

photo by ikaton
キャンプ


BBQの楽しかった思い出と共に
その時に感じていたことが
アイデアとして湧き出てきていまして

昨日に引き続きましてBBQをしている時に思ったことを
記事にしていきますね


BBQは何かしらの役割が発生する


前回の記事(「BBQから悟った過程の重要度」)で
「全て自分たちで行わなければならないのがBBQ」
ということを言っていた通りで

BBQに参加するとなったら
その参加する対価に何かしらに
労力を割く役割が与えられるわけですよね


火をつける係
食材調達係
調理係

炭片付け係
ゴミ片付け係
忘れ物回収係


BBQはその場その場で
誰かしらに何かの役割が発生するものだと思います


BBQで気づいた自分の立ち位置の確認


BBQをやるとなっても
その時集まるメンバーや人でまた違った
BBQの内容になりますよね

その機会ごとで自分は何役に回るか
たぶん毎回変わってくるとは思いますが


・率先してスキルを活かす


確固たる自信のあるものが有れば
それが自分の役割になると思います

それが

“スキル”

です

食材をいかにお得に仕入れられるかわかる
食材はどの様に焼いたら美味しいかわかる
炭にすぐ火をつけるコツがわかる
おすすめのBBQする場所がわかる



つまりスキルがあれば
自分が得意な分野を率先して行うことができ
その人は自分で役割を掴むことができるわけです


・周りから頼られるブランド持ち


一方で自分から進んでやろうとしなくても
あいつならこれをやってくれる
という役割が周りから与えられるもの

それが

“ブランド”

です

あいつなら美味しい食材を知っている
あいつなら美味しく食材を調理してくれる
あいつなら炭に火がつかない心配がない
あいつならBBQの場所ぐらいいくつもわかる


自分の強みであるスキルを活かすことで
周りに浸透し、信頼を得ることで
その確固たる地位を確立することができる

つまり何もしなくても
勝手に役割が与えられる
いつでも必要とされる人員になれることが
ブランドを持つことで手に入れられます


自分から動き続けることでブランドになる


自分で何ができるか把握をしてそのできることを行うことで
BBQという場に参加することができます

まず第一段階として
その何ができるか把握して動くということができることができたら
大丈夫です


その後は

自分の活かせる場所がどこなのかを探して
自分の強みが活かせるスキルを作っていくことで
その役割を担えるようになります


そして

人に認められる様になります

あいつは〇〇の人

という〇〇というブランドを背負える人員になれるということです


調理できる人
炭に火をつけれる人
食材持ってきてくれる人


つまり

自分の強みを活かし続けることが
自己ブランディングに繋がってくるということです


継続は力なり


BBQの役割分担が勝手にされている人と
何をやったらいいんだろうという人と

その場に参加していても役割が
きちんと把握できていない人もいて
その中で自分自身はどうなのか深掘りして考えてみました



ちなみにぼくは
キャンプ好きでBBQ場でバイトしていたので
火付け役に徹していました




この役割やスキルの話から派生させてぼく自身のブランドも
確立していきたいと思っています

ブログも書き続けていくことで
「ブロガー」としてみんなに認めてもらえるようにしていけれたらと考えます


そしてその後の発信者や執筆者の様な
周りからのブランドも背負っていけたらと思っています


まだまだ未熟ですが
このまま継続させていきたいと思います


関連記事▽

⚫︎何にしても過程が重要である「BBQから悟った過程の重要度

⚫︎ブランドは継続して得られる「休職を選んだことで捨てた自分のブランドとその向き合い方

⚫︎真面目というブランド「真面目に悩んでいるあなたへ。真面目は進化し続ける最強個性