デジタルデトックスをして気づいた自分時間の有限さ

photo by ikaton
人生


・パン屋のパンを買う

・映画を見る

・ご飯を作る

・勉強をする

・買い物に行く

・コーヒーを入れる

・散歩する

・読書する


朝起きてから寝るまでの時間でデジタルデトックスのために
スマホを遮断しSNSなどのチェックも一切せずに過ごした1日の中身が上記です


デジタル・デトックスとは何かというと

デジタル・デトックス(Digital detox)とは、SNSやスマートフォンやコンピューターといったデジタル機器の使用を自発的に控えていくこと、またその期間のことである。

Wikipedia「デジタル・デトックス」https://ja.m.wikipedia.org/wiki/デジタル・デトックス




そして続けてこのようにも綴られている


現代ではデジタル機器やインターネットに費やす時間が増加しているため、こういったデトックスが人気になっている。


つまり
ネット社会になった今、情報社会になった今、



人は常にネット世界に入り込み
常に情報を得られる状況になってしまっているため


ネット疲れ、情報のインプット疲れが
現象となって引き起こされているということです


そんな背景のなか
ぼく自身もネット社会から足を抜くだけじゃなくて


外部からの情報を遮断して
一度完全な自分の世界を作って
自分自身きちんと自分の時間を生きてみようと思って今回チャレンジしてみました


そんな生活をしてみて気づいたことがあります


本当にやりたいことはなんなのか


そして気づいた普段の時間の使い方と時間の有限性について
今回はその二つの内容と
どのようにして気づいたのかを書いていきたいと思います



本当にやりたいことに気づく


外部からの情報を遮断することで
周りの目や周りからの声が一切気にならなくなり
自分のやりたいことに純粋に取り組めるようになります


だらだらとSNSをチェックする時間もなくなり
空いた時間というもので
次にやりたいことに取り組むということができます


まずは日常的にその時に思ったことを行動に移す


行動力がつく

ということです


それはつまり
自分を誘惑するような外的な要因がなくなり
素直にやりたいことに向かって動けるということです



パンが食べたくなったらパン屋に行って
映画を見たかったら映画を見て
ちょっと散歩にいきたかったら散歩して




そんな感じで
自分のやりたいことに率直に動けるようになります


そしてそのやりたいことに純粋である故に
その行動への吸収力も上がります


どういうことか。


パン屋で買ったパンがいつもより美味しく感じたり
散歩するだけなのに新しい世界に飛び込んだ新鮮さを感じたり
本を読んでその本に書いてあることに感銘を受けるようになります




自分の意志に即して動いている
やりたいことに向かってやっているので
ストレスがなく気持ちよく挑めるのです


そして改めて考える

今後やりたいことについて

周りの目や周りの現状を気にせずに
自分自身がやりたいことというものを考えることができます


つまり
本当にやりたいことというものは

真に何かを捨てる選択をしなければいけない

と思いました


SNSやネットというものを遮断して
無駄の多い情報をキャッチし続けるのは無駄な時間だということ


そして
純粋にこうしたいと目の前の行動を通じることで
自分自身を成長させ
やりたいことの実現に近づけるんだと思いました



普段の時間の使い方と時間の有限性


スマホを使わないことで
こんなにもやりたいことができる時間があるのかと
気づくことができたのと同時に
いつもどれだけの時間を無駄にしていたのか愕然としました


何をするにしてもスマホはつきものでした


パン屋の営業時間を調べたり
映画のレビューを調べたり
散歩にもスマホで音楽を聴くために持っていったり
料理中にも音楽を鳴らせながら作ったり




必要不可欠な時以外にもそれはあり
そして今回
それを使うたびに少しずつ時間を無駄にしていたんだなと気づきました


きっと何かしら調べたりする時に
何気なくSNSをチェックしたり

音楽を鳴らす時にも
何気なくSNSをいじったり


そんな何気なく使っている場面がきっと多かったと思います




これはコンビニにお金を落としちゃうのと一緒だなと思いました


なんとなくいつも会社帰りにコンビニに寄っちゃう
用事も特にないのにコンビニに行ったら何かを買っちゃう


それを続けることで
いつのまにか結構な額をコンビニに使ってることに気づく


そんな現象に似てるなと思いました




個人的にはそんなに使ってないと思っても
ちりつもの原理で(塵も積もれば山となる)


少し触っただけでもそれを1日で考えたら
12分の1時間ぐらい使ってたりするんじゃないかと


そして少し触ることで
そのあとのことの集中力にも関わるなと思いました


なんとなくのスマホを触って何かするという時間がなくなったので
一つ一つのやろうというスイッチが自発的にかかります


そのことにより
自分の行動に拍車がかかりメリハリを持って行動することができました


一つ一つやりたいことをやって過ごしてみて
充実した時間を過ごすことができましたが


もっとこれがやりたい、これをしたい


ということがあったので
もっと時間を作らないといけないなと


同時に
普段の生活の中でやりたいことをやれる時間というものは
かなり限られていると思います


その限られた時間の中で
自分自身が1番何をやりたいのか、何をしたいのか
選択しながらやっていかないとなと気づきました



自分のこれからのためにデトックスを行う


もっと効率的に進めるために
紙にその日やりたいことリストを作成するともっと良いと思いました


そのリストをこなせば
それだけで1日のQOLもあがるはずですし


そのリストプラスで何かできたら
さらなる自分のモチベーションにも繋がると思います


自分なりに無理しない適度な程度で
一度外部からの情報を遮断してみませんか


あなた自身の本当のやりたいこと、時間の使い方
そういったものが見えてくると思いますよ



関連記事▽

⚫︎本当に必要なものとは何か「社会人となってボランティアで考えた「幸せ」を再考した

⚫︎フィルムカメラと向き合って気づいた日常「盲目的な日常に目を落とす

⚫︎ひとりの時間を作る大切さ「ひとりの時間で自分デトックス