1ヶ月とかがっつり旅に行くか迷っている大学生へ。その選択、後悔しない?

photo by ikaton
バックパック



学生だから友達と一緒に遊びに行きたい!

せっかくの長期休暇なんだからたくさんの友達と遊びたい!

みんなも参加するからサークルの合宿に参加したい!

バックパックとかヒッチハイクとかで

1ヶ月ぐらい旅に出るかどうか迷う理由に

「友達との時間」で迷っている人もいるだろう

結論から言うと

行っちゃおう!

旅に行きたいと思ったその熱量で一歩踏み出しちゃおう!


実際に経験したいかとんが背中を押そう

たしかに友達といる時間は楽しい


大学生となると友達との時間はより広く深くなる

高校生の時と違って授業も自分で決めて、時間割も自分で決めて、バイトも自分でやり始める

今までは何かしらの規制の中での繋がりだったのが

大学生からは自分で選んで繋がりを作っていく

そんな中でできる友達というのはかけがえのないもの

授業をいっしょにうける友達

サークルで一緒になった友達

たまたまバイト先が一緒の違う大学の友達

何かのイベントでたまたま出会った友達

地元でずっと一緒に過ごしてた友達

そんな大切な存在を実感しているんじゃないだろうか

その上で授業のない長期休暇に友達との時間が取れなくなってしまうのはもったいないような


夏休みと春休みがものすごく長い大学生

その間にサークルのイベントだったり、普段から仲の良い友達との予定だったり、合間でアルバイトをしたりと計画を立てていくうちに

いつの間にか休みのほとんどが埋まっている

「旅に行きたいけどその間友達と遊ぶ時間が取れないのはちょっともったいないな、、、」

なんて思うのもめちゃくちゃわかる。

実際に長い休み明けには

それまで受けていた授業も代わり

仲良くなったあの子とのつながりもなくなっちゃったりもする

だったら

1.2ヶ月の間にめちゃくちゃ友達との予定を入れまくった方が楽しそう、、、

自分の中でなにを大切に生きたいか?


友達との繋がりはとても大切だと思います

だからその選択をしても正解だと思います

友情が自分の人生の中で上位に大切なことだということはとても素敵なことだと思いますし
友達想いで素晴らしいです

ただ、やりたいと思ったことをしないで後悔しないかどうかを考えて欲しいのです

きっと大学生活は

自分の中でなにを大切に生きていきたいかを考える時間だと思っています

なにを選択することが自分にとって最適なのか

本当にやりたいことはなんなのか

自分自身でこれからの人生を歩いていくための

準備をしている時間が大学生活にはあると思います

友達との時間を作ることを優先して、やりたいことを抑えてしまうのが良いのならそうするべきだが

やりたいことをやらないと後で後悔するというなら

1ヶ月ぐらい自分のやりたいことに本気で取り組んでみても良いのではないだろうか

やらなかった後悔は一生後悔する



その時のタイミングというのは本当に存在します

今やりたい、今したいと思ったときには今やるべきです

まあ今度でいいやと思ってそのあと今度が来なかったり、

社会人になってから、お金が出来てから、と言って、結局社会人の忙しさに予定が立てれなかったり

お金は常になにかしらに消えて無くなって貯まらなかったりしてしまう人もいます

今やりたいこうしたいというのなら即行動するべきです

後回しにした代わりにやることは、あなたにとってそんなに大事なことですか?

もしかしたら後回しにしたら一生できないかもしれないです、明日は来ないかもしれません

背中を押そう


もし選択に迷っているのなら
これから後悔しないためにこの本は読むべきだという本を紹介しておきます

ぼくの大好きなひすいこうたろうさんの本
あした死ぬかもよ? 人生最後の日に笑って死ねる27の質問 名言セラピー

実際にいかとんもこの本を読んでから行動を変えました
将来なにがやりたいか、自分自身どうありたいか、なにが大切なのか
こう言ったことを一度考えてみたことでなるべく後悔しないように生きる選択をし続けています

何かに迷っているのなら一度は読むべき本です。おすすめです

明日死んでも後悔しないように自分自身なにをやりたいかなにが一番大切か

そう言ったことを自分自身と向き合い考える時間を作ってみてはいかがでしょうか

きっと今どういう選択をするべきかがわかってくると思います

今度というのはいつくるかわかりません

今できるのなら今やってみるべきじゃないでしょうか?


関連記事▽

⚫︎海外にひとり旅も行ってみたら?「【海外ひとり旅】寂しいなんて当たり前。ひとりの時点で男前。

⚫︎ヒッチハイクもやってみたら?「今までのヒッチハイクを振り返ってヒッチハイクの魅力を伝えます