学生と手取り16万会社員が無理せず100万円貯金を達成した方法

お金


学生の頃と会社員としてのいまで2回目の100万円貯金を成功させているいかとんです

そんなに必死こいて100万円を創り出したわけじゃないので誰にでもできる貯金方法を記事にしていきます

ちなみにいかとんは、
・大手人材企業に勤める社会人2年目
・毎日100円貯金チャレンジも4ヶ月成功させた
・キャンプとフィルムカメラが大好きな旅人です

目次

1.貯金はやろうと思わないとできない
2.基本的に給料天引き貯金でした
3.その引いたお金で生活できるの?
4.まずは軽く初めてみよう!
5.まとめ

貯金はやろうと思わないとできない

そもそも貯金って難しいですよね

お金を使わないと思っても飲み会とか打ち上げとかで

急遽お金を使う機会ができたりだとか

今月はこれだけのお金で生きていこう

と思っても結局月末に足りずにさらにお金を下ろしたりだとか

そんな経験持ってる人って僕も含めてたくさんいると思います

だから「お金を貯める」意識を持たないと

意外とお金って貯めれないですよね

使う額がそもそも少なかったり、お金を使う機会がなかったり、バイトが楽しいとかだったら

それはお金は貯まると思いますが

今回は意識的にお金を貯める方法について書いていきます

基本的に給料天引き貯金でした

お金を貯める方法として僕が行っていたのは

給料が入ったその日に決めた金額を

貯金用の銀行に移すという方法でした

例えば

学生の頃は

月5万と7月8月のハイシーズンはさらに10万ずつ貯金したり、たまに+5万貯金したりして

シーズンもののバイトを4月〜12月までこなして80万ほど貯金をして残りをちょくちょく貯めて1年ちょっとぐらいで100万円貯めました

社会人でも基本的にやり方は同じでした

9月〜6月まで月5万の貯金を決め、

ボーナスで15万と25万を貯金したまに+5万貯金をすることで、10ヶ月で100万円の貯金に成功しました

その引いたお金で生活できるの?

実際できますが

学生の頃はまかない、社会人でも夕食サービスが付いていたりするのでそもそもの食事代が少なかったり

学生時代の家賃は親持ちで、社会人も寮費で住まわせてもらってるので、家の家賃が大きくないので

生活の基盤にかかる費用が少なかったので

可能だったのかもしれません

ただ

給料から初めにお金を引いてしまうことで

残りのお金でその月を過ごさないといけないので

あるお金でどうにかしようとしていましたし

実際貯金用にしていた口座は

その貯金の際以外はほとんど触っていませんでした

あとは学生時代はバックパックや旅行、

会社員の貯金初めはワーキングホリデー、

というようにやりたい目的をはっきりさせ

その目的を果たすために

今の生活をどこまでで妥協して過ごしながら

うまくお金を生み出すかを考えた末

給与天引き貯金にしているので

そもそも目標のためにやっているので

苦でもなかったですし

目標を行う際にも

勝手にお金が貯まっちゃってる!

みたいなプチサプライズ感も味わえるのでよかったですよ!

まずは軽く初めてみよう!

給与天引きの貯金方法は実際は

そんなにきつくないので全然無理せず続けられます

月を3万にしたり、2万にしたり、

少なければ少ないほど続けやすくなりますし

長いこと続けたらすごい額がいつのまにかたまってるかと思います

それでもキツかったらまずは

お金を貯める意識として

毎日100円貯金をしちゃいましょう

帰ってきたら貯金箱に

なにも考えずに100円を入れるのです

誰かと一緒に始めてもいいかもしれませんね

その方が辞めれない口実ができるので笑

まとめ

とにかくきついと思った時点で貯金は厳しくなって

結局諦めてしまう事が多いと思うので


無理をせずに少ないところからコツコツと始めてみてはいかがでしょうか!



関連記事▽

⚫︎実際に学んだお金の生み方「キングコング西野亮廣さんの本から学んだお金と広告のやり方を共有するよ

⚫︎お金より必要なこともあるかもしれませんね「お金はあるに越したことないけど、思ってしまった「人との繋がり」の大切さ