【ミニマリストへの道】本70冊をメルカリに出品したらすぐに20冊売れた

ミニマリスト

波があるにしても読書にハマる時はとことんハマるいかとんです

以前記事にしたミニマリズムの影響(引っ越しをして自分の荷物の量に絶望しミニマリストを目指す話
により着々と物を減らしていっている中で
今回「本」をたくさん手放すことに成功したのでそれを記事にしていきます

ちなみにいかとんは、
・大手人材企業に勤める社会人2年目
・ビジネス本、エッセイ、サスペンス、ヒューマンなど幅広く読書する
・キャンプとフィルムカメラが大好きな旅人です

目次

1.物を減らす手段
2.物を活かすことは新たな場所を物に提供すること
3.本の断捨離を考えた結果ほとんど活かせるんじゃないかと考えた
4.メルカリでめちゃくちゃ売れた
5.本にとっても自分にとっても嬉しいことだらけ
6.ミニマリストを目指してはじめてお金を生み出した

物を減らす手段

物は捨てるか活かすかどちらか選択できます

捨てることはすぐにできますが

活かすとなると少し手間がかかってしまいます

物を活かすことは新たな場所を物に提供すること

要らない、この先も使わない

万が一の場合なんて考えずに今日明日使うか使わないかを考えて物の断捨離はしています

ただ誰かが使えるとか、誰かなら使うかもしれない

っていう物については一旦家にステイさせています

そしてその物を使うかもしれない相手に

使うかどうかを確認して送ったり捨てたりします

もちろんその際の郵送費は自費ですが

物が減った後のことを考えたり

今後物を増やしていかないと考えると安い出費です

本の断捨離を考えた結果ほとんど活かせるんじゃないかと考えた

本はよく買って読んでいたので

大量に家にあります

しかし結局一回読んだ後にもう一度読み直す本は

ほんのわずかな1%ぐらいにしか満たしません

なので本自体もそこに存在するだけでは

不要物と判断しちゃいます

本も同様に家族に渡したり友達に譲ったりを考えましたが

大量の本を捌き切る自信と

家族に渡したとしてそれは一家の荷物になることに変わりはないので
別の提供場所を考えることにしました

そこで見つけたのがメルカリです


メルカリとは簡単にいうと↓

フリーマーケットアプリです。

名称でしたら、ラテン語で「商いする(mercari)」という意味です(*^^*)

「個人間で、あんしん・あんぜんに取引を行えるマーケットにしていきたい」という思いを込めているようです。

mercari box「メルカリとは?」(https://www.mercari.com/jp/box/qe0b297759f797af6/)

メルカリだとその本を欲しいと思ったユーザーが

その本に狙いを定めて買うかどうかを判断してくれますし
ただ捨てるか読まれないで放置されっぱなしかの可哀想な本たちを
欲しいと言ってくれる人がいるわけです

どんなユーザーがいるかわかりませんが

とりあえず持ってる本の中でもう読み切ったし

たぶん読み直さないだろうと判断した70冊の本たちを
メルカリで出品してみました

メルカリでめちゃくちゃ売れた

その日は15時ぐらいから作業をし始めました

バーコードを読み込んで

ユーザーの方が一応確認できる安心感を与えるために表紙と裏表紙だけを写真に撮りの作業で

ひたすら出品しまくりました

すると

作業中にぽんぽん2冊ぐらい売れ始め

(これは???)

全て出品し終わるまでに5冊は売れました!!

そして次の日の朝にはさらに増え

合計で15冊もの本を売ることができました!!

本にとっても自分にとっても嬉しいことだらけ

本として誰かに読まれることがまたできること

自分にとっても本という物を減らせること


さらには

物としてしか存在していなかったものが

お金や次の人の知識や娯楽に変化している

このシステムは非常に良いと思いました

売る側の手間もバーコード読んで梱包して発送という

流れ作業で済みますのでそれほど負担にもなりません

ミニマリストを目指してはじめてお金を生み出した

これは最初の大きな出来事になると思います

物を減らす意識、少なくする意識がなかったら

この結果にはなってなかったんじゃないかと思います

その上で

ミニマリストを目指して初めて自分でお金を

生み出すことができたことに喜びを感じています

これからさらに物を減らしていって

こういった経験がどんどん増えていくことに

期待していけたらなと思います



関連記事▽

⚫︎物を減らすチャレンジをしています「1日一個物を減らしていくチャレンジ開始します

⚫︎物とお金より大事なものもあると思います「お金はあるに越したことないけど、思ってしまった「人との繋がり」の大切さ