人がおすすめする音楽を聞いちゃうのはストーリーがあるから

photo by ikaton
ブログ


音楽って意外と人からの影響って大きいですよね


自分でYouTubeとかで見つける以外にも
人から勧められて聞いてみたら
結構いい歌詞じゃん
とか
あっなんか確かに好きなメロディだな
って思うことってあると思うんです

というか最近ぼくが良く影響を受けているので
音楽の影響の与え方みたいなところを記事にできたらと思います


人からのおすすめの曲って聞いちゃいますよね


音楽って何を聞いていますか?

好きなバンド?好きな歌?流行りの曲?自分の感情と歌詞に合わせて?

自分のおすすめなアーティストがいる人って
結構多いと思いますが
本当にその音楽しか聴いていないって人って
少ないと思います


最近だと「香水」とかって
YouTubeやTwitter、TikTokでめちゃくちゃ流れてるので知らない人はいないと思います

あとはドラマの主題歌やCMの曲なんかも
この曲知ってる!
って人は多いと思いますが


仲の良い友達がお勧めしていた曲
みんなでドライブに行った時に流れていた曲
カラオケであいつが歌ってた曲
友達とか恋人とかが好きな曲


とか自分の周りの人のおすすめの曲や好きな曲って
自分の耳に残ったり
聞いてみたら意外と良い曲かもってなって

そこから聴き続けたり、ハマったりしませんか?




その時に自分じゃ聞かない曲を聞くようになったり
今まで聞いてこなかったアーティストの曲も聞くようになったりしますよね



音楽は勝手に情報が蓄積していく


情報は口伝えで伝えていくのが確実な時代

になっていると前回の記事で書きましたが


自分に影響を与えるモノとして
直接自分に訴えかけてくる自分だけにお勧めしてくるものって
やはり強いですよね


この曲は絶対にお前好きだから
あのバンドが好きならこのバンドも好きだよ
この歌詞がすげー良いから聞いてほしい 


なんて自分のことをよく知ってくれてる
自分との仲の良い友達から言われたら
そりゃまずは聞いてみるじゃないですか
もしくは
もはや聞かせてくれるじゃないですか


そこで確かに好きかもなと思ったら

YouTubeで曲を聞いたり
ダウンロードしたり
プレイリストに追加する

なんてことを繰り返していたら


普段の自分だったら聞かなかった
アーティストや曲調の音楽が増えてきて
音楽の幅が広がっていくので

なんだか新鮮な気持ちと
そのおすすめした友達との思い出が蘇るので
すごく素敵です



音楽は情報が歌と物語を思い出として伝えて残る


音楽で伝えている背景
音楽が伝える情報の背景には何があって伝わりやすいのか

その人の状況や関係性、状態に合わせて
その時の情景や思い出があって

つまり後から聞き返してみたら
一つの物語のように聞き直せるから
濃い内容として伝わるんだと思います



この曲は島に来た時にはじめに車に乗った時に流れてた曲だな
この曲はあそこまで行った時におすすめしてくれた曲だな
海で語り合った時にあいつが流してくれたあの曲だな
星空を見上げながらたまたま流れたあの曲だな


音楽のメロディや歌詞とともに
当時の思い出も懐かしむことができる

勝手にストーリーも曲に乗っかって
自分の耳に残るからこそ

あとで聞いた時にやっぱりこの曲良いな
あの時も楽しかったしなあとかあの時が懐かしいなあ
と思えるんでしょうね


つまり音楽が人のおすすめから伝わりやすいのは

その時の物語も思い出として乗っけて伝わるから

だと思います


ストーリーを背景に加えることで情報に厚みが増して
相手の記憶にも残るモノを伝えることができるわけですね


情報に厚みを加えることが大事


音楽には
その時の思い出も乗っけておすすめするから
厚みが増して人に伝わるんだとわかりました

つまり情報は厚みを増すことで
人に伝わりやすい
ということですね

情報発信を
まずは口伝えでしていくことをしていくと記事にしましたが

口伝えでしていく時にもその人の背景や情報に合わせて
伝える内容を変えていくことで
その人に対する情報に厚みが増して
より伝わっていくんじゃないかと思います



関連記事▽

⚫︎情報発信はまずは口伝えから「情報は“口伝え”が一番確実な情報

⚫︎厚みを持たせるストーリーが大事「BBQから悟った過程の重要度

⚫︎経験することで発信内容にも厚みが増します「想像だけでなく経験でモノを言う

【改善版】Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 / IPX7防水規格 / デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)