なかなか減らしづらい本の捨て方、手放し方

photo by ikaton
ミニマリスト


家の中にたくさんあるけど
なかなか減らしづらいものってあると思います

本もその一つだと思っています


ぼくも本は中々手放すことができていませんでした
というか本がたくさんあることに
なんとなく優越感も持っていたりもしました


今回はそんなぼくがどのようにして
本を減らしていっているのかを解説していきたいと思います



半分以下にまで減らした


元々100冊以上あった本や漫画

これらを今は35冊までに減らすことができました!


漫画については実家に送ったり
BOOKOFFやメルカリにて販売することで完全になくすことができました



本に関しては減らしづらかったですね

やはりまた読むかもしれないとか、
なんだか役に立つかもしれないとか、
なんとなく持っておきたい、


そんな気持ちが働いてなかなか減らしにくいんですよね
ただ徐々に徐々に減らしていけたので
その方法をお伝えしますね



本を溜めないようにした


ちなみにぼくはまず

本棚を手放しました


そもそも本を溜めておく場所を作らないことで
本の循環を促すようにしました


本棚があることにより
本はそこにしまっておけばいいやと思ってしまい

結果的に何年も読まれない本が
その本棚に居続けてしまう現象が起きます


なので

そもそもの本が滞留してしまう場所

を無くしました


大切な本は少しの棚にしまっておく、ベッドの脇に立て掛けておく
これぐらいの量にしています



本は分類分けをして減らす


本に対してまた読むかもしれないから、読み直ししたくなるから、
そう思って中々手放せない人は多いと思います


ぼくも実際そうでした

というよりも
本を買って読んで、それを本棚に並べるのが気持ち良くて捨てれなかったりしました


ただ本は中々捨てづらいので
まずは一度本を分類してみると良いですよ


◯→これから読む本、まだ読んでいない本、好きな本、影響を受けた本

△→また読むかもしれない本、読み返すかもしれない本、捨てづらい本

×→ここ1年以内で読み直してない本、もう読まない本



こんなように◯(残す)と△(ステイ)と×(手放す)に
分類してみると

どの本を残すべきか、どの本はもう必要ないか、
それらが判断できるので整理しやすいです


◯の本


好きな本、影響を受けた読み返す本は
何冊か取っておいてあります

具体的な本で言いますと


・「革命のファンファーレ」著:西野亮廣

・「新・魔法のコンパス」著:西野亮廣

・「アソビくるう人生をきみに。」著:あんちゃ



このようにぼくが影響を受けた人や
その人の考え方が載った本に関しては
何回も読み返し読んでいるので手放さずに保管をしています


△の本


△の本はどっちつかずで
どうしたら良いのか難しい本が多いと思うので
ここに滞在してしまう本はたくさんいると思います


ただ

本当にその本は今のあなたに必要ですか?

ぼくの場合は
最近また読みたいと思う本、またすぐに読み返すだろう本は◯の本に分類をして
それ以外のもう読み終わってそのあと関心がない本、ここ最近で読み直そうと思わない本は×に分類しました

最近というのが
覚えている限りでその本を読み終わってから今の間のことを指しました


この範囲については個人で判断したら良いと思いますが
ぼくの場合は本棚もなく
本自体の場所を取っていることが家を狭くしていると判断しているので
そこは割り切って×に持っていきます


もしくは
△の本はまずは友達や家族に欲しいかどうかを聞いて判断して数も減らしました
それか読んでほしいために、あげたりしました


手放す前はぼくの本なので家族や友達には無償で渡せるので
それができるならその方が良いですもんね


×の本


一度読み終わった後に頭の中に入っている本や
もう一度振り返ることもないだろうなという本は
基本的に×に分類しています


考え方の根本が
物を減らしたいという考えなので
少なくするために×に分類する物が多くなります


そして手放す本については

メルカリで出品をしています


今のところ累計で70冊を出品しておりまして
30冊が購入されました


基本的にそれほど汚れていない本で出品をしておりますが
たくさんの方から購入いただいて
本もまた次の場所へ行き循環をしています


*メルカリでの出品の仕方

これは余談になりますが
メルカリでの出品方法については
このやり方が時間もかからず手間も取らないのでおすすめです

①メルカリの出品するからバーコードを読み取る

②値段は定めてくれるのでその値段でこだわらず

③おもて表紙と裏表紙を写真で撮って画像に追加

④出品する

この流れで出品できるので
大体1分もあれば余裕で1冊出品できます

ぼくは
最近流行りの音声メディアなどで
耳だけはそちらでインプットをしながら
手元では流れ作業のように出品していました



減らしづらい物を減らすことで得た考え方


本をたくさん持っていることが
なんとなく気持ちよかった元々の自分から


別にたくさん所持をしていなくても良いなと
考え方も変わりました


それも読んで満足することもなくなり
読んで手放すかもしれないということで
一回に読む質も上がった気がします


本を減らしていくことで物自体が減っただけでなく
減らしにくい物を減らしたことで新しい考え方を得られることもしれたので

なかなか減らしにくい、捨てづらい物が家にある人も
一度取り組んでみてはいかがでしょうか!



関連記事▽

⚫︎具体的な物の減らし方について「豊かに過ごすための物の減らし方

⚫︎以前メルカリに出品した時の記事「70冊ぐらいメルカリに出品したらその日のうちに15冊売れた

⚫︎本を読むことは好きです「読書する時間をちゃんと設けるために分析しました