物が溢れている今、物を減らしたことで見えた考え方

photo by ikaton
ミニマリスト


最近はAmazonや楽天といった
インターネット上で買い物ができる
ECサイトというものがとても充実していますよね


そのせいでついつい要らないものまでも
ぽちぽち買ってしまう人もいるのではないでしょうか


ぼくも最近では要らないものではないですけど
本を2冊ほどなんの躊躇もなく買ってしまって
Amazonにまんまとはめられていました


ただ先日の記事にもあります通り
段々と物を減らし続けているぼくですが
物を減らしたことで見えてきた考えがあるので
それについて記事にしていきます



物を減らしたことで捨てた考え方


物を段々と減らしていくことで
自然といくつかの考えが身についていたんですね


その考えが身についたおかげで

物を減らすことと物を増やさないこと

これらを身につけれたと考えています



物を増やしていきそうな考え方


あれがほしいこれがほしい
と考えてしまう場合があるとします


そうなった時には
それが欲しいなら今ある物を見つめ直すようになりました


つまり「それは本当に必要な物なのか」
さらには「それが欲しいのならば逆に今いらないものがあるのか」


そう考えることで
物を増やさないようになり
物を増やすので有れば、何か減らす物があるのでないか
そのように見極めるようになりました


おかげで物は増え続けることがなくなり
欲しい物ができたとしても
何かしらを減らしたりするようになりました



まだ何かに使えるかもしれないという考え方


もう使えなくなった物や捨てる物だとしても
「もしかしたら違う方法で使うかもしれない」
そう考えて捨てずに置いておくことって結構あると思います


しかしそのもしかしたらという場合が
ほとんど来ないことにも気づきました


もしくはもしかしたらの時が来た時には
新しい物を購入して対応することがあるということもわかりました


つまりは

もしものために残しておいた物は
もう必要なくなった物なので存在すら忘れてしまう

ということです


そう気づいた時から
まだ使えるかもしれないという考え方は止めました



また使うからそのままにしておこうという考え方


これは直接的に物を減らすとか増やさないようにする
ということには関わっていないことですけど


要は物を減らすことで

整理整頓することが当たり前となったわけですね


物が多い部屋が嫌
物がたくさん溢れているのが嫌
物に囲まれている雰囲気が嫌


つまり
物がそこら中に転がっていることが嫌になってくるんですよね


「物を使ったら元の場所に戻す」
この考え方が身につきました


意外と大事だと思います
物が部屋に溢れないようになりますし
物に支配されないので
心にも余裕が持てるようになります


物が少ないことによって物に対する意識も変わる


このような考え方を持つことで
今ある物に対しての関心が高まります


今あなたの部屋には何があるかわかりますか?
どの引き出しには何が入っているかわかりますか?
どこに何があるかわかりますか?


物に溢れている場合だと物に対する意識というのは
あまり高くなく

なんとなく置いてあるあの物は
いつ使った物かわからないなんてこともザラだと思います


つまり
物を減らしたからこそ身につく考え方もあります


物を減らすことで

今ある物を大切に使おうという考え方


物が少なくなったことで

自分の所有している物を把握しようという考え方


これらが身につくと思っています


少ない物の中から
何が使えるのか、どう使おうか、いつ使うか、必要な場面があるのか、考えながら使うので
一つの物に対しても関心が高まり
自分の物に対する考え方も変わると思います



物が溢れている今だからこそ減らしてみる


買った時にはいいなと思って買った物も
使わなくなったら意味がないですし


なんであるのかもわからない物は
あるだけでその場所を取ってしまっています


物を減らすということは
物に対する考え方を変えてくれる

と思っています


いつでもどこでも物が手に入る今だからこそ
物に溢れている今だからこそ
一つの物に対する考え方を少し変えてみては
いかがでしょうか?


昔もらった物の価値を思い出したり
今ある物の大切さに気付けるかもしれませんね



関連記事▽

⚫︎物の具体的な減らし方について「豊かに過ごすための物の減らし方

⚫︎減らしづらい物を捨てたら新しい考え方を得れました「なかなか減らしづらい本の捨て方、手放し方

⚫︎物よりも大切かもしれないこと「お金はあるに越したことないけど、思ってしまった「人との繋がり」のこと