発信したくないから気づいた「発信者」の自覚

photo by ikaton
ブログ


たまに
毎日更新するための記事が
書けない時があります

ブログ書きたくないな
ブログ書けないな
コンテンツが浮かばないな


はっきり言うとそう思う場面もあります

ただ、そういう時に
今までのメモしてあるコンテンツ化させられそうな
ものから文章を作り上げるのではなくて

その状況自体からでも
コンテンツは作れるのかなと思ったので

今回は毎日更新するブログを発信したくない時に気づいた
「発信者」としての自覚について記事にしますね


最近はネタに困ることはない


ぼくは大抵
その日に起こったことの中で気づいたことから


その夜に文章に起こしたり
次の日の朝に昨日や最近のことを振り返って
一旦クリアな状況で思いついたことを
そのまま文章に起こしています

最近ですと

実家に帰ったり、
友達の家に居候したり、


と環境が変化している毎日で
日々刺激をもらっている中なので



その日の中に何かしらのコンテンツとなる
タネを見つけてはメモを取って文章にしています



しかし

周りが友達に囲まれていたり
実家という最高に堕落できる環境においては考えることも放棄してしまい


発信すること自体をしたくないと感じる場面も
たしかにありました


発信したくないことを発信しても意味ない


その中でも
ブログは毎日更新していくべきだと思っているので
更新はし続けてはいますが

発信したくないことを発信すること

はしないようにしています

どういうことか


なんとなく思いついた内容でなんの文脈も考えずに起きた事象だけを連ねる記事や

自分の想いや考えもない発信者としての発信するに値しない記事を書くこと


だけはしていません


正直そこはまだ

読んでもらった方に感想を頂いたり
何かしらの反応をもらったり

していない状況ですので

自分なりに満足いくものかどうかで線引きをしてしまっていますが


「発信者」として記事を書く意識と

自分のクオリティは下げないようにはしています


逆に発信したくないと感じてわかった持つべき視点


何も発信したくない
何もやりたくない状態になってわかった、

発信したい=発信することがあるということではないということ


発信したくなくても発信はしなくちゃいけなくて

企業が新しい商品のリリースをする
友達主催のイベントの告知をする
毎日更新のブログを更新する


という“義務”になっている場合


常に何かしらを「発信したい!!」という
熱量だけで乗り切るのは流石に限界があります



そこで感じた発信していく上で大事なことは


“発信しないといけない立場”

に自分を落とし込んでしまっている場合があるのなら




発信したくない時に何を摘み取れるかが大事になるということ




その発信しないといけない立場にもかかわらず

発信したくないっていう人向けの
コンテンツが作れるかもしれない
良いアイデアが生まれてくるかもしれない


ネガティブな中でいかに小さなネタを見つけることができるかが

発信者の視点として持っておかないといけないと思います



発信者である自覚


要は全ての事象で物は捉えようで

ネタはそこら中に転がっていて
それらをいかに見逃さずに掴み取れるか

が重要となってきます

発信者は”自分の信じたことを発する”ことを行う人なので

嘘をついてまで発信する内容を作ることはできません


大事なのは自分自身でそのネタを見つけられるか
そしてそこからコンテンツ化させられるかです


どんな時でも一回俯瞰して
自分とその周りの状況を見てみることも
必要になってくるんだと思います



関連記事▽

⚫︎想像できるかが大事「ブログの入り口は想像力をいかに膨らませられるか

⚫︎発信者としての続けるワケ「【甘え】ブログを毎日更新するなら毎日記事を考えるべき理由

⚫︎自分よがりな記事にしないように「誰への何の文章なのか?自分よがりな文章になっていないか?