社会人となった今ボランティアで考えた「幸せ」を再考した

ボランティア


3DKのお家にひとりで住んでいるのですが
最近一部屋のドアを外しまして
2LDKというめちゃくちゃ広い家に住んでます


朝は海から朝日が登ってキラキラしている水面
そして夕方夕日が沈むのが見えて
夜の月の明るさにうっとりしています


そんな最高な環境に住んでいるのですが
やっぱりその他の大部分の働くというところで
自分は何か「もやっ」としているなと思い考えていると
「幸せ」について考えていた時期があったなと思い出しました


それはサークルです
ぼくの所属していたサークルでは
「幸せ」について考えていた時期もあり
その活動を振り返りながら
当時と今の変化を言語化していきます


ボランティアサークルに所属していた


「海外に行って家を建てるサークル」
それが大義名分のサークルでした


その主な家を建てるという活動以外の
サークル活動は
1回/週のミーティングでした


ミーティングは何をするのか

なぜこの活動をするのか?
そもそもなんで貧困は生まれるのか?
あなたにとって家とは何か?



というように本質に迫るコンテンツを考え
多様な価値観があることを自覚する



それ以外にも


家を建てるために現地へ行った時に
様々な価値観に触れることで
吸収できる、咀嚼できる力を養うことや
自分の考えを持つ大切さを身につかせるために行っていました



社会人になってしまった自分


そのミーティングのコンテンツを振り返ってみると
当時大学生のぼくらが考えていたことと今では
全く違った回答になるなと思います


例えば

あなたにとって幸せとは何か?


当時は震災復興支援をしたり
海外住居建築活動をしたりと


言ってしまったら

あなたにとっての当たり前は、他の人にとっては当たり前じゃないんだよ


ということを刷り込まれた上での回答のため


ちゃんと明日が来ること
毎日ご飯が食べられること
将来お嫁さんと子供と暮らすこと


なんて答えがあったなと思います


今ぼくにとっての幸せはなんだろうか。


とても迷う。
社会を知って、現実を見始めている今
それらが刷り込まれた上で
夢見るようなことは下手に言えない


しかし
それは本当に夢を見ているだけなのか
夢に向かって努力したら
それが叶ったら幸せじゃないかと思ったりもします



一般的な価値観に固められている


こんなコンテンツをぼくはミーティングで行ったこともある


なんでボランティアサークルは「宗教だ」とか言われるのか?


ぼくは2つの答えを用意した


・そもそも宗教に対する教養が足りていなく、「宗教」すらもイメージで語られている。ボランティアもやったことないけれどイメージで。つまり、何も分からなくても思い込みで判断を下してしまう場合がある


・そして、サークル一つとっても、何気ない偏見や一方的な価値観でそれが正しいとされることがある


分からなくても思い込みで判断してしまう
偏見や固まった価値観で決められてしまう


という答え


自分で実際に見てなくても
周りや世間がこうだからという理由で
流されていることは多々あると思います


今も実際にそれで迷っていたりもします


昨日出した記事の中に
捨てる覚悟」について話しましたが
何かを捨てる覚悟がつかないのは


世間的にはちゃんと働くべきだと言われる
周りはそろそろ結婚しだしてるから自分もするべきだ
正社員として働くことが当たり前


そんな風に世間では判断されるから
ぼくは一歩踏み出せないのだろう


大学生の当時は


思い込みで判断するのは良くないよね
偏見や一方的な価値観で物事は決めないでね


そんな風に答えを出していたのにもかかわらず


今自分は自分で
勝手に思い込んで
勝手に偏見を意識して
躊躇してしまっている自分がいる


情けない。



自分にとっての幸せを考える


あなたにとって幸せにとは何か?


明日も生きることが幸せなのか?


たしかに幸せだが
それだけでもう明日以降は死んでも構わないのか


たぶんそうじゃないだろう


本当に幸せを目指したいのであれば
将来の自分の幸せも
今の目の前の自分の幸せも



同時に考えて幸せを掴むべきなんじゃないか
やらないで後悔せずに幸せになれるか


いやなれないと思います


やってみたら後悔はしないだろう
その方が幸せになれる気がします


毎日を我慢して将来の幸せを手に入れるべきなのか
今を捨てて将来は幸せになれるのだろうか

模索して模索して
答えを出していきたいと思います



関連記事▽

⚫︎大学時代にこの活動で考える面白さを学びました「実は海外ボランティアってめちゃくちゃ楽しかったりする

⚫︎活動の実態を書きました「ボランティアってなんで偽善とか宗教だとか言われているのか考えてみた

⚫︎自由な幸せを考えるきっかけとなった「『正直、旅は僕らのコントより面白い』と休職中のぼくがダブった